株、FX、仮想通貨のブログ

株、FX、仮想通貨のニュースの解説や今後の値動きの予想などをしています。

ビットコインついに底割れ!!現状と今後の値動きの予想を分析

f:id:sensouhantai:20181118092337j:plain

 

どうもこんにちわ。

もっくんです。

今日はビットコイン&仮想通貨について書いていこうと思います。

 

 

目次

 

ビットコイン価格の簡単な流れ

年初の暴落後70万円台を上げ下げしながら横横の状態が続いていました。

そんなビットコインですが、11月14日、ついに底割れして一気に大暴落が起こりました。

売りが売りを呼びあっという間に592500円まで落ちてしまいました。

現在意識されているラインは?

この592500円で反発したのは意味があります。

592500円は月足の移動平均線と接する部分でした。

そのためそこに買いが集中してそこから買い戻しが入りました。

そのため、当面は大底である592500円が意識されるラインとなります。

逆にこのラインを割れてくるようであれば更なる暴落が発生すると見てもいいでしょう。

暴落原因は何か?

これはテクニカル分析で読み解くことが一番簡単だと思います。

週足で見ていただくと暴落の前に移動平均線が下に傾きだしたためその売り圧力に勝てきれず底割れてました。

さらに、底割れ価格で損切りや売りポジションがいっきに入ったため短時間で大暴落が発たと見ます。

f:id:sensouhantai:20181118084504p:plain

 

ファンダメンタルの原因はあるのか?

個人的にはファンダメンタル的な要因はないと思います。

どちらかといえば需要自体は伸びているとおもいますので現状としてはテクニカル的な要因がメインとなっていると思います。

今後は上がる?下がるか?

底割れしてさらに投資家にとっては不安心理があると思いますが、現状どのようになっていくでしょうか?

 いったんは月足の移動平均線で底堅く推移しているため月足の移動平均線を割って

きたり、底割れしたりしてこなければ買いを見たいところです。

逆に底割れしてくるようならばいよいよ50万円近くまで下落してくる可能性があります。

 

一般的に言われているビットコインの今後の値動き

ビットコイン0円説

ビットコインやあるとコインなどは実際は成立しない価値のないものであるという意見です。

こういった意見を言う人の中にも色々な意見がありますが、大体の意見としては①実態を伴っていない価格だけの上昇、②価格の変動がでか過ぎて通貨としての価値が無い、といったところでしょうか。

ビットコインはまだまだ上がる説

ビットコインはまだ需要が追いついていないだけで投資の段階であり、将来的には需要が増し価格の上昇余地があるという考え方です。

ビットコインで例えられますがビットコイン以外のコインが天下を取る可能性も十分にあります。

ただ、現在ビットコインからアルトコインを買うのが主流のため将来的にはビットコイン価格は日経平均株価などの全体の指標となるのではないかという意見もあります。

ちなみになぜ底割れする前の646,271円が意識されたのか?

単純に暴落して646,271円になったわけでは無くマイナーという存在を意識された結果646,271円が底値になったと個人的には思いました。

f:id:sensouhantai:20181118090348p:plain

 

↓の記事は当時書いた記事になります。

もしよかったら参考にどうぞ

www.trade-trade.info

www.trade-trade.info

 

マイナーとは何か?

マイナーとは仮想通貨をマイニングする人(仮想通貨を発掘する人)になります。

ビットコイン以外にもアルトコインがあると思いますが、ほとんどのコインは全てのコインがマイニングされているわけではなくマイナーと呼ばれる発掘者によってビットコインアルトコインをマイニングして数を増やしていきます。

また、マイナーはマイニングだけではなくトラザクションの検証・承認作業も行います。

トラザクションをしてくれることで資金の送金や出金ができたりします。

マイナーの利益はどこ?

マイナーは高性能の機械を使ってマイニング(コインの発掘)を行います。

マイニングの結果1ビットコインを見つけることができれば、その1ビットコインが自分のものとなるので現状であれば63万円の利益を得ることができます。

現実には電気代とが膨大高性能の機械が必要

これだけを読むとマイニングにも興味を持つ人が出てくると思いますが、現実にはビットコインのマイニングには膨大な電気代と高性能な機械が使用されています。

そのため個人でマイニングをして利益を得るということは不可能でしょう。

ただし、アルトコインであれば個人のパソコンなどでもマイニングできるため興味があればやってみてもいいかもしれませんね。

マイナーが利益を出せる分岐点が70万円程度だった

2018年の年初から暴落が始まりました。

当時はマイニングの損益分岐点は70万程度と言われていたような気がします。

高性能な機械を使ったり莫大な電気代などが掛かっても70万円以上の価格でビットコインがマイニングできていれば利益が出る状態ですね。

年初の暴落以外は一度もマイナーの損益分岐点から下に価格が下がることがありませんでした。

年初の暴落はマイナーの損益分岐点を割れて646,271円まで落ちてしまいましたが損益分岐点から価格が落ちすぎたためか買いが強くなったと推測してます。

現状の価格はマイナーにとって赤字?

マイニングの損益分岐点が70万円程度であれば現在のマイナーの利益は赤字となってしまいます。

実際はどのくらいなのでしょうか?

9月8日にでたニュースが↓になります

中国マイニング大手、ビットコインなど仮想通貨の損益分岐価格を公表 | Cointelegraph

もしビットコインの価格が36792元(約5376ドル)を下回った場合、アントマイナーT9を使った当該仮想通貨のマイニングでは利益が出なくなることを意味する。S7モデルのマイニング機器を使う場合は、損益分岐点となるビットコイン価格は大幅に高くなり、79258元(約11581ドル)となる。

S7とは対照的に、17年1月にリリースされたアントマイナーT9モデルでのビットコインのマイニングは、現在のビットコイン価格でも利益が出ている。一方で、より新しいイノシリコンT2の損益分岐点が最も低く、26636元(約3891ドル)となっている。

 ということは一番安くマイニングできれば円換算で424000円程度となります。

マイニング作業は電気代を安く済ませることができたり、高性能なマイニング機械を作ることが出来ればそれだけ安くマイニングすることができるため、現状はより安くマイニングができるようですね。

64万円まで落ちた時に意識された金額よりもだいぶマイニングに余裕がありますね。

もしマイナーがいなくなるとどうなるか?

マイナーはトランザクションの役割も持ちます。

トランザクションとは「検証と承認」を行なう作業になります。

このトランザクションをマイナーがすることで送金できたり出金できたりするわけですが、このマイナーが止まってしまった場合はトランザクションができなくなりますので送金、出金ができなくなりビットコインの価値はいわゆる0円になるわけです。

ただ、現在はまだ赤字にもなっていないと予想ができるためマイナーがいなくなるということは想定しなくても問題なさそうですね。

f:id:sensouhantai:20181118092702j:plain

 

ビットコインは金のような安全資産なのか?

ビットコインが安全資産とみられているならば、金と同じようにドル安のときに価格が上昇しドル高の時に価格が下落するようになっていくと思います。

そして、この金に流れているお金がビットコインに流れてくれば必ずビットコイン価格はまだまだ上昇の余地はあると思います。

ビットコインの需要は伸びている

ビットコインATM まもなく世界4000台を突破、送金サービスに参入する業者も | Cointelegraph

f:id:sensouhantai:20181117005948p:plain

ビットコインATMの台数が世界4000台の金字塔に迫っている。2013年末に誕生したビットコインATMは日本ではあまり馴染みがないが、世界で仮想通貨の普及に貢献しているようだ。

ただ、普通ビットコインATMではKYC(Know Your Customer:顧客確認)が行われないため、匿名でビットコインを取引したい人々の間で人気という指摘もある

 上記のニュースのように世界的に見れば確実にビットコインの需要は伸びています。

需要が伸びるということはビットコイン、仮想通貨市場が伸びる=価格の上昇が見込めると考えるのが普通かなと思っています。

しかし懸念点も・・。

上記のニュースのように需要が伸びているのは嬉しいことですが、「普通ビットコインATMではKYC(Know Your Customer:顧客確認)が行われないため、匿名でビットコインを取引したい人々の間で人気という指摘もある。」と、さりげなくマネーロンダリングという悪い言葉が思いついてしまいます。

要するにビットコインを使って悪いお金を流している可能性があるということですね。

こういった需要は世界的に見ても認められるわけもありませんし、マネーロンダリグにしか需要がないのならばビットコインの将来はないといえます。

今後、ビットコインの改善が必要なことは?

マネーロンダリングの除去

ビットコインを悪用されるようでは仮想通貨の価値はありません。

マネーロンダリングができないような法律を世界で統一して行う必要があり、これができなければビットコインが安全資産となることもないでしょう

②激しい価格の値動きを抑える必要

今回の暴落もそうですが、1日で10%暴落したり暴騰したりといった値動きは通貨としての価値は無いと言っても過言ではないですね。

今1000万持っている貯金が翌日には900万円になってしまっていては安全資産とは言えません。

ビットコインに価値を見出すためには①、②の改善は必須と言えるでしょう。

 

 

まとめ

夢見ようぜ!!

 

この記事を読んでいただいて参考になったなと思っていただいた方は、もしよければツイッターよりフォロー、リツイート、いいねなどしていただければ嬉しいです。

今回も記事を読んでいただいてありがとうございました。